キングダム 満羽(まんう)まとめ!

キングダム

キングダムの60巻から登場する什虎城(じゅうこじょう)の城主・満羽(まんう)。

『不敗の要地』と言われてきた什虎で、総大将として秦魏同盟軍を迎え撃つこととなりますが、満羽に異変が?!

本記事では、満羽の登場や過去の出来事、そして什虎攻めの結末などについて分かりやすくまとめましたのでご紹介します!

キングダム 満羽(まんう) 什虎四将

キングダム60巻

満羽は楚国の什虎(じゅうこ)を根城としてもつ将軍です。

鄴(ぎょう)攻めに成功した秦は、趙の王都・邯鄲(かんたん)に狙いを定めていましたが、趙軍の防衛線が固く苦戦を強いられていました。

そんな中、昌平君(しょうへいくん)は趙の邯鄲を攻略するには、魏の脅威を取り除いておく必要があると主張。

そしてなんと魏国と同盟を結び秦魏同盟が成立したのです!

しかし、敵対する魏がそんな簡単に同盟に賛成するはずがありませんよね??

実は、昌平君が提示した三年間の秦魏同盟の条件が満羽のいる『什虎(じゅうこ)』だったわけです!

楚の什虎が見返り?(楚ってどんな国?)

つまり、昌平君は

秦魏同盟のお礼に、一緒に什虎を落とそう!
その什虎城をあげるよ!

と魏に提案したということです。

什虎は、中華全土でも最重要拠点の一つ。

秦・魏・韓・楚と四つの国の国境付近に位置する城で、誰しもが手に入れたいと思っていた要地なのです。

しかし、この什虎は『不落の要地』とも言われており、近年は誰も近づくことができなかったとか。

それは、満羽(まんう)・千斗雲(せんとうん)・玄右(げんう)・寿胡王(じゅこおう)の什虎四将の根城だったため。

魏も、什虎は喉から手が出るほど欲しいはず…。

そうして秦魏同盟が成立し、秦魏同盟軍として什虎への進軍を開始しました。

キングダム 満羽(まんう) 登場

キングダム60巻

秦軍が進軍しているとの情報が届いた什虎では、満羽のテンションが爆上がり(笑)

よほど嬉しかったのか、椅子から飛び上がるほどの喜びようですね。

そして全裸+マント+靴というなかなかインパクトの強い登場の仕方。

久々の戦を前に喜びを通りこしておかしくなっています…。

キングダム60巻

蒙武(もうぶ)軍が約三万との情報が入りますが、満羽たち四将は城壁守りは五千もいれば十分だと話し合っています。

蒙武を『ドドンドおじさん』とまで言う余裕っぷり。

不敗の什虎と言われているだけあって、満羽らは全く焦る様子がありませんね!

キングダム 満羽(まんう) 什虎攻め

キングダム61巻

満羽は総大将として、敵を迎え撃ちます。

呉鳳明(ごほうめい)率いる魏軍も大軍で到着。

check!!☞アニメキングダム 呉鳳明役はこのイケメン声優!

楚軍も、将軍に昇格した白麗(はくれい)や項翼などの援軍が送られ、秦軍五万・魏軍七万VS楚軍十一万の大戦が始まりました‼

満羽軍は蒙武軍と衝突し激闘を繰り広げますが、蒙武の姿をとても興味深く観察していました。

なるほど お前はただ一人最強を誇示する唯我独尊の者ではなく
背負っているな 何かを
だからお前は お前より強い汗明に勝った
そうだ蒙武
お前はかつての俺達に似ている

そう“虚無”を悟る前の俺達にな

キングダム60巻

そしてあの蒙武を思い切り地面に叩きつけたのです‼

キングダム 満羽(まんう) 裏切り

キングダム61巻

“虚無”を悟る前の俺達とはどういう意味なのか…。

寿胡王は「我らは楚軍であって楚軍にあらず」とつぶやきます。

実は、満羽・千斗雲・玄右・寿胡王の什虎四将はもともと楚の民ではなく、滅んでしまった小国の生き残りでした。

(呉鳳明の父も小国の生き残りだった‼)

十二年前に満羽は『汨(べき)』という小さな国の将軍でした。

四方を楚に囲まれている汨は、何度も何度も楚の侵略に抵抗し続けていました。

小国でありながら大国である楚に抗うことができたのは、満羽が大将軍として国を支えていたからです!

そんな満羽は民からも人気がありましたが、兵も民も皆が疲弊しきっていたようです。

汨王・袁公(えんこう)はこの国の限界を感じ『楚に降服する』考えに変わっていきました。

満羽は必死に王を説得し、戦い続けていたといいます。

しかし、ここで悲劇が……。

満羽の遠征中に汨は城門を開いてしまい、楚に降服してしまいました…。

王は満羽がいない隙を狙ったのではないでしょうか。

帰る場所も守るものも亡くした満羽軍は楚軍と戦い続けましたが、そんな中、満羽が見たのは汨の若き民兵だったのです。

知らない間に、楚軍に紛れて戦っていた祖国の民をせん滅していました。

王や民に裏切られ、全てを失った満羽はもはや降服するしかありませんでした。

小国・暦(れき)の大将軍だった千斗雲も同じような境遇で全てを失い、楚に降服します。

(千斗雲についてはこちら

背負っていたものに裏切られ、心が壊れても、戦では敗れない怪物級の将軍ら。

彼らの強さは楚も認めており、生存を認め什虎が与えられました。

満羽らは、もちろん楚に対して忠義がないので今までの大戦には姿を出してきませんでした。

楚としても手懐けるのは難しいのでしょう。

重要拠点である什虎を与えて守ってもらう方が都合が良かったのだと思います。

什虎軍が今までの楚軍と何か違うと騰は気が付いていましたが、これが什虎の秘密だったということですね!

check!!☞キングダムの戦い全巻まとめ

キングダム 満羽(まんう) 結末

キングダム61巻

そんな最強の什虎四将が迎え撃つこの戦は、各軍激戦を経て秦魏同盟軍が勝利し什虎攻めに成功してしまうのです‼

楚軍本陣に構えていた軍師・寿胡王は捕虜となりました。

この楚軍大敗の理由は総大将・満羽の心境の変化呉鳳明の戦略で主攻を任せた騰軍の圧倒的な突破力にあったようです。

蒙武と激突した満羽は様子がおかしく、見込んでいた戦果の半分も出せていないため前線を大きく押し込まれてしまったのです。

虚無の底で死んでいた満羽は蒙武との一騎討ちで変化が生じたと寿胡王は言います。

蒙武をみて、かつての自分を重ねてしまうような本物の『漢(おとこ)』に出会ったと…。

寿胡王は、秦魏同盟軍は千斗雲や玄右の活躍だけで勝てるほど甘くはないとみて退却を指示することとなりました。

……蒙武… お前が何を背負っているかまでは分からぬ
それがすでに死んだ人間の思いならば永劫に力をなるであろう
だがそうではなく……
生きている者の何かを背負っているとしたら
お前は一つだけ覚悟をしておかねばならぬ

それに裏切られることがあるやも知れぬということを

キングダム61巻

満羽はそう言い残して退却しました。

結果、什虎は陥落しますが、什虎軍は千斗雲・満羽・玄右の三将が生き残ることとなりました。(寿胡王は捕虜のままとなります。)

キングダム 満羽(まんう) まとめ

キングダム60巻

キングダムの最終回はいつ?原泰久さんの回答は!

キングダムの什虎四将の一人・満羽についてお届けしました。

不落の要地とされてきた什虎は、秦と魏の同盟軍によって鮮やかに勝利しついに陥落‼

しかし満羽を含む什虎の大将軍らはまだ生き残っています‼

敗北し、王都に向かった満羽たち…。

楚軍として次回はどのような活躍を見せてくれるのか…。

蒙武との再戦はきっとあるのではないでしょうか!

ちなみに、この什虎攻めの後のストーリーではなんと羌礼(きょうれい)が飛信隊の前に姿を現します!

詳しくはこちらをどうぞ。

今後のストーリーも目が離せませんね!

キングダムフィギュアが超絶かっこいい!