キングダム 魏火龍(ぎかりゅう)について徹底解説!

キングダム

本記事は、キングダムに登場する魏火龍(ぎかりゅう)について簡潔にまとめています。

魏火龍七師(ぎかりゅうしちし)は、知名度はそれほど高くないものの、実は中華を揺るがすほどの凄い名将揃いだったのです!

キングダム 魏火龍(ぎかりゅう)―魏火龍七師

魏火龍(ぎかりゅう)は、安釐王(あんりおう)の時代に魏国で英雄と称された将軍達を指します。

秦の六大将軍や、趙の三大天と並ぶほど強く恐れられており、その大将軍が7人いたことから『魏火龍七師(ぎかりゅうしちし)』と呼ばれていました。

魏ってどんな国?キングダム七国を紹介!

キングダム 魏火龍(ぎかりゅう)―7人の名前

魏火龍(ぎかりゅう)①呉慶(ごけい)

キングダム 覇道列紀

呉鳳明(ごほうめい)の父。

魏の東にあった甲(こう)という小国の王族だった呉慶ですが、趙に滅ぼされました。

故国が滅亡して放浪したのちに魏国の将軍へと上りつめます。

知略の呉慶と称されていますが、武力も申し分ない。

キングダム7巻

蛇甘平原の戦いでは、魏軍総大将として登場しています。

知略型の呉慶VS本能型の麃公(ひょうこう)で死闘を繰り広げましたが、最後は麃公に討たれます。

詳しく書いています!☞呉鳳明の父・呉慶とは⁈

魏火龍の中では中立的な立場でした。

魏火龍(ぎかりゅう)②霊凰(れいおう)

キングダム 覇道列紀

冷酷無慈悲な軍略家

呉鳳明に様々な戦術を教えていた先生(師)です。

かつては秦の六大将軍・王騎とも互角にやりあったほどの実力で、周りからはかなり恐れられていました。

キングダム37巻

登場するのは秦が新たな要所として侵攻した奢雍の戦いです。

秦と魏の一進一退の攻防が続きますが、秦軍に本陣を落とされたことで、霊凰は逃走しながら秦軍の心臓にあたる軍を狙い討ちするという次の手を仕掛けようとします。

しかし、呉鳳明と合流したところで(魏国第一将である)呉鳳明の首を狙って後を追っていた信に討ち取られてしまいます。

信の成長ストーリーをチェック

呉鳳明の裏切りにより、霊凰が誤って斬られてしまったのです。

魏火龍(ぎかりゅう)③凱孟(がいもう)

キングダム 覇道列紀

剛腕無奴の猛将

知略には頼らず、圧倒的武力で周囲を省みずに突進してしまう性格です。

武将の首をとったのは百を超える程の実力の持ち主。

キングダム37巻

霊凰と同じく奢雍の戦いで登場し、信を呼び出し一騎討ちを繰り広げます。

飛信隊と凱孟軍は人質交換が行われるなど、奢雍戦では波乱の展開にもなりました。

最後は河了貂の戦術で、騰軍・隆国(りゅうこく)を呼んだことで撤退せざるを得なくなりました。

軍師の差、戦術勝ちですね!

詳しく書いています‼☞猛将・凱孟が超強い!

魏火龍(ぎかりゅう)④紫伯(しはく)

キングダム 覇道列紀

槍の名手

魏国では『最強の槍使い』と称されるほど。

先代の紫伯の連れ子として引き継いだため、本名は『詠(えい)』という名前です。

(つまり現紫伯こと紫詠(しえい)ということになります!)

同じく連れ子で血縁関係のない妹・紫季歌(しきか)を太呂慈に殺された辛い過去をもちます。

キングダム37巻

奢雍戦では王賁と二度の一騎討ちを繰り広げますが、死闘の結果、王賁の槍が紫伯の急所を突くのです。

「貴様には弱点がある」

「貴様が生を拒絶している人間ということだ」

速さも重さも王賁の上を行く紫伯が負けたのは、急所を守ろうとする素振りがないこと。

点を貫くことを得意とする王賁にとって、それは致命的な弱点でした。

紫伯の怒り狂う槍の原因がここに!

魏火龍(ぎかりゅう)⑤太呂慈(たいろじ)

キングダム 覇道列紀

妻殺しで有名な魏火龍。

紫伯が遠征中に、太呂慈は紫伯の妹・紫季歌(しきか)と婚礼の儀を執り行いました。

キングダム36巻

しかし、紫季歌が

「私が愛するのはこれまでもこれからも紫詠(しえい)ただ一人です」

と拒んだことで、太呂慈は紫季歌を斬殺しました。

後に紫伯に討たれます。

魏火龍(ぎかりゅう)⑥晶仙(しょうせん)

キングダム 覇道列紀

太呂慈の仲間。

後に紫伯に討たれます。

魏火龍(ぎかりゅう)⑦馬統(ばとう)

キングダム 覇道列紀

同じく太呂慈の仲間。

後に紫伯に討たれます。

キングダム 魏火龍(ぎかりゅう)―同士討ちの過去

キングダム36巻

魏火龍七師と呼ばれる彼らには火龍同士の争いがありました。

奢雍戦から十四年ほど前の出来事。

争いの原因は紫伯の妹・紫季歌でした。

キングダムの登場人物(女)を一覧を見てみる!

実は、血の繋がりのない紫伯と紫季歌は兄妹でありながら、結婚を考えるほど結びつきが強く、紫伯が遠征から帰ってきたら紫季歌を妻にすると約束までしていました。

そんな中、太呂慈が紫伯の遠征中に婚礼の儀を執り行い、紫季歌を斬首。

唯一の拠り所だった紫季歌を不本意に亡くし、紫伯は激しく怒り狂い、槍を手にしたのです。

キングダム36巻

それを察した太呂慈は、晶仙と馬統を味方に、紫伯霊凰・凱孟を味方につけ、呉慶を除く六人が仲違いをし対立となりました。

こうして残ったのが紫伯側の三人。

しかし、厳密には『紫伯が一人で三将を討った』と霊凰は言います。

奢雍戦に登場した霊凰・凱孟・紫伯の三人は、この火龍争いにより十四年間も投獄生活を送っていましたが、呉鳳明が王を説得し解放されたのです!

奢雍戦での紫伯と王賁の激しい一騎討ち

キングダム 魏火龍(ぎかりゅう)―まとめ

キングダムの魏火龍についてまとめました。

魏国の名将が揃う魏火龍七師ですが、内部争いによる投獄生活のせいで六大将軍や三大天ほど名が広がらなかったんですね。

奢雍戦では霊凰と紫伯は敗北しますが、信と一騎討ちをした凱孟が残っています!

再戦が楽しみですね!

大人気!!☞羌瘣の可愛いシーン15選