キングダム 幽連(ユウレン) 人格崩壊の壮絶な過去

キングダム

キングダムに登場する幽連(ユウレン)は、現蚩尤で羌瘣(きょうかい)の仇討ちの相手。

羌瘣の巫舞を解いてしまうほど強くかなり手ごわい相手ですが、その強さは辛く壮絶な過去が原因だったのです!

本記事はそんな幽連(ユウレン)の強さや過去の出来事についてお届けしていきます。

キングダム 現蚩尤となった幽連(ユウレン)

キングダム33巻

幽連(ユウレン)は、羌瘣が参加する予定だった祭(サイ)で幽族代表の一人として参加し、蚩尤(しゆう)となった人物です。

羌瘣は、羌族として羌象(きょうしょう)とともに祭にでるつもりでしたが、羌象が仕掛けた香で眠らされ、参加できませんでした。

羌瘣が『仇討ち』と幽連を追いかけているのは理由があります。

それは、姉のように慕っていた大好きな象姉(羌象)が祭で集中攻撃を浴び、最後まで生き残った幽連が蚩尤となったからです。

羌象も羌瘣も、他の候補者と比べてとびぬけて強く、他の族から恐れられていただけに、この禁じられているはずの一斉攻撃も祭では黙認されてしまったのでした。

しかも、『祭の開始と同時に皆で囲んで倒す』という羌象と羌瘣の二人用に仕掛けていたワナを、羌象が一人でくらってしまったのでした。

これは羌瘣にとっては許しがたい現実ですね。

その上、自分がその場にいられなかった悔しい思いもあるはずです。

関連記事☞キングダムの登場人物(女)を全員紹介!

キングダム33巻

羌瘣は、大好きな象姉が蚩尤になると信じていました。

羌瘣自身も最後は負けて死ぬつもりだったのです。

祭の当日、香から目が覚めて急いで会場へ向かった羌瘣が目にしたものは、他の参加者と一緒に無残に斬り落とされた羌象の亡骸。

それ以来、羌瘣の生きる目的は『象姉の仇討ち』となりそれ以外は何もなくなってしまったのです。

詳しく書いてます‼☞羌瘣の仇討ちの理由

キングダム 幽連(ユウレン)の根城

キングダム33巻

羌瘣は幽連の居場所をつかむために情報収集をしながら旅をしていました。

『蚩尤』は幻の暗殺一族として外界でも知れ渡っており、現蚩尤となった者はどこかの国のお抱えとなることがほとんどで、それによって一族も繁栄していました。

それなのに、幽連はなぜ山奥に??

実は、幽連も最初は魏王のお抱えでした。(魏国についてはこちら

しかし、『人格が崩壊している』との理由から手の付けられない状態と手放され、趙の山奥で暮らしていたのです。(趙国についてはこちら

王が蚩尤を手放すのはよっぽどのことと想像ができます。

そんな情報を、外界で羌族につながる小さな一団の長・羌明(きょうめい)から得られ、幽連の根城が趙国の「老山(ろうざん)」であることが分かりました。

ついに来ました、幽連と羌瘣の対決です‼

キングダム 幽連(ユウレン)の強さ

キングダム33巻

老山にたどり着いた羌瘣は、待ち構えていた22人の幽族と幽連に囲まれます。

羌瘣は巫舞を使って襲ってくる幽族を次々と倒し、幽連との一騎討ちに持ち込みました‼

羌瘣は、緑穂(剣)に語り掛けます。

「大丈夫だ緑穂
 まだそれほど深くは落としていないし呼吸も十分残っている」

そして幽連に対しては深く落として一気に仕留めようと向かいました。

しかし、幽連は羌瘣の巫舞に見事に合わせてきたのです‼

羌瘣が止められた⁈なんという強さ‼

簡単に羌瘣の巫舞を解いてしまいました‼

羌瘣は幽連の強さを認めつつ、すぐに最深の巫舞に切り替え、羌瘣の戦い方である『超短期戦』で挑もうとしました。

しかし、その巫舞でされ幽連には通じなかったのです‼‼

羌瘣の最深の巫舞が通用しないって今までありましたか⁈

恐ろしき幽連ですね。さすが現蚩尤です。

これには羌瘣も動揺を隠せません…。

関連記事☞かっこいい!キングダム 羌瘣の魅力

キングダム33巻

羌瘣はこのとき幽連の違和感に気が付きました。

この女…何かがおかしい…

巫舞の反動や幽連からの一撃で動くことができない羌瘣に幽連は言います。

巫舞とは精神を内の深い所へ向け人の秘められた力を引き出す術だ
その集中力を生むために特殊な呼吸法と神堕としの舞で意識を陶酔の中に落とし込む
ならば怒りだの愛だの感情のさざ波は意識を外に縛りつける鎖以外の何物でもない
巫舞が意識を外から乖離させ内に向けさせるためだけのものならば
そこに縛りつける現世のしがらみ 情や何だのを断ち切れば話は早かろう
それを強制的にやろうと考えて作られたものが何か―分かるか小娘

キングダム34巻

幽連の強さは『祭』をくぐったからでした。

幽連は助走なしで巫舞と同じ領域まで落とせてしまうのです。

これは羌瘣にはない術ですね‼

キングダム 幽連(ユウレン)の過去

キングダム34巻

幽連が祭で羌象をだまし討ちしたのは事実。

しかし当然その後も祭は続きます。

祭では掟で最後の一人になるまで戦い続けなければいけないからです。

幽連にとって最後の敵は実の妹でした。

同族から蚩尤候補を一人ではなく二人選出させる理由はそこにあると幽連は言います。

幽連は最後に実の妹を斬り落としたことで現蚩尤となり、同時に精神がむしばまれ「怪物」に変貌してしまったのです。

考えるだけでゾッとします。

祭の残酷さや恐ろしさが分かりますね…。

だから蚩尤は千年もの間、闇世界に君臨する恐ろしい存在となっているんですね。

亡き羌象が登場⁈☞羌瘣の二つのいいことはこれ!!【予想】

キングダム 幽連(ユウレン)と羌瘣の対決

キングダム34巻

最深の巫舞が通じなかった羌瘣は、瀕死の状態でした。

実の妹まで手にかけ、怒りなどの様々な感情を超越し内に秘めた力を解放させる幽連は羌瘣の手に負えないほど強く、本物の怪物と言っていいほどでした。

身も心もボロボロになって羌瘣があきらめかけていたその時です‼

羌瘣は飛信隊の存在が目に浮かび、小さな一筋の光を見て思い出しました。

幽連とは『対極の力』を使って勝てる方法を‼‼

ここは羌瘣を応援するしかありません‼‼

それは羌象が羌瘣を倒すためにあみ出そうとしていた術で、『魄領(はくりょう)の禁』を冒すという方法でした。

これによって、幽連はあと少しのところで羌瘣に仇討ちされてしまうのです。

詳しく書いてます☞羌瘣 涙の仇討ちの結末

キングダム 幽連(ユウレン)まとめ

キングダム34巻

キングダムの幽連についてお届けしました。

蚩尤になったことで精神が壊れ、怪物に変貌してしまった幽連。

強さの秘密には、実の妹を手にかけてまで祭をくぐり抜けた壮絶な過去があったんですね。

幽連がそれほど変貌してしまうほど、彼女の中で妹の存在は大きく、苦しい出来事だったということですね。

実は後に、似た境遇に陥った人物がもう一人…詳しくはこちら!

祭から5年という長い年月を経て、ようやく羌瘣は仇討ちができたのです。

合わせてどうぞ☞待ちに待った羌瘣の復帰シーン