キングダム 合従軍編(函谷関)の決戦の日は何話?【後半】

キングダム

2021年から放送再開したのアニメ『キングダム』第3期は、合従軍編(函谷関攻防戦)からスタートしていますが、漫画では何話のストーリーになるのでしょうか。

本記事は合従軍編後半・決戦の日となる運命の15日目のストーリーとともにご紹介していきます!

※ネタバレ注意(リンク先含む)

キングダム 合従軍編(函谷関)は何話?―28巻

キングダム28巻

まずは合従軍編前半をチェック

《第295話》

運命の決戦の日を迎えた両者。
秦軍の主力となる蒙武(もうぶ)軍は、汗明(かんめい)率いる六万の楚軍に対してわずか三千の兵で突撃する。

《第296話》

蒙武は高度な『斜陣がけ』という戦術勝負に出る。
一方騰(とう)軍の前には媧燐(かりん)が用意した戦象が現れ、周囲を驚愕させる。

《第297話》

この象は媧燐の演出に過ぎず、楚軍の詰みに入った布陣が突如として姿を現し、騰軍は窮地に陥る。

《第298話》

騰はこの絶体絶命のピンチを乗り越えようと、左翼に王賁(おうほん)右翼に蒙恬(もうてん)と二人の若き武将を大抜擢する。

騰の幼少期~ファルファル伝説のはじまり~

《第299話》

函谷関城壁では、魏軍が用意した巨大な床弩(しょうど)で杭を打ち込まれ、二回目の橋がかけられる。
三台目の井闌車(せいらんしゃ)も到着し、敵兵が押し寄せた。
張唐(ちょうとう)将軍は八日前に韓軍に放たれた轟丹丸(ごうたんがん)の毒が回り身体が蝕まれていく。

《第300話》

井闌車が張唐の持ち場へ配置され、函谷関が陥落の危機に陥った。
その時桓騎(かんき)が地上に降り立った

《第301話》

桓騎はみなの意識が函谷関の上に集中していることを読み、わずか400人程の兵を率いて魏軍に紛れ、堂々と地上を走り韓軍に向かっていく。

《第302話》

張唐も桓騎とともに持ち場を離れた。
毒で侵されている張唐は、戻らぬ覚悟で地上の戦場へ降り立ち韓軍本陣を目指す。

《第303話》

張唐が韓軍総大将・成恢(せいかい)を討ち取る
その直後、毒により戦死

実は美男子⁈毒矢の成恢

《第304話》

持ち場を離れた代償は大きく、壁上はかなり攻め込まれ、ついに函谷関に火が上がる
趙軍と戦っている麃公軍と飛信隊は、信の閃いた作戦で慶舎の首を狙う。
一方、秦軍本営には『王翦軍が消えた』との急報が届き困惑する。

《第305話》

函谷関とは反対へ逃げたとされる王翦軍を横目に、燕軍は函谷関の裏へ続く断崖を越えようと進軍。しかし断崖越えの途中、逃げたはずの王翦が突如背後に現れた。

合従軍(函谷関)の配置や動きについて徹底解説!

キングダム 合従軍編(函谷関)は何話?―29巻

キングダム29巻

《第306話》

王翦軍は開戦当初から断崖に隠れており、敵将の首は逃したものの、燕軍の主攻である山岳族を全員を討ち倒した

《第307話》

最大規模の戦が展開される騰軍の持ち場では、ついに第二軍将軍・媧燐が自ら出陣。騰が項翼と戦う中、媧燐は隆国(りゅうこく)軍を狙う。

《第308話》

隆国軍が媧燐と白麗隊に押しやられているが、録嗚未(ろくおみ)や干央(かんおう)軍長、そして玉鳳隊(ぎょくほうたい)もが媧燐の背後に迫る。
すると媧燐は急に進路を変更した。

こんなに強かったっけ⁈玉鳳隊の爆進が凄まじい!

《第309話》

蒙武(もうぶ)軍は、楚将・汗明(かんめい)軍と奮闘中。昌平君との作戦で戦術を用いたが、ついに蒙武軍が汗明軍本陣をめがけて正面から突撃。

《第310話》

蒙武が汗明と対峙。一方、媧燐が兵五千を連れて蒙武軍の方へ向かっていく。

《第311話》

蒙武VS汗明の激しい一騎討ちが繰り広げられる。

《第312話》

中華最強とも言われる汗明の武力は圧倒的に強く、蒙武は腕が砕け致命傷を負う。

キングダムの中華七国について解説!

《第313話》

しかし、それを打ち破ろうとする蒙武は決して諦めなかった。
そんな中、媧燐が弟の媧偃(かえん)に背後から蒙武を討つよう指示する。

《第314話》

蒙武と汗明に決着がつくと周囲が固唾を呑んだその時、媧偃が蒙武を狙って背後から突撃!その間に蒙恬が割って入り、父・蒙武を守った。
しかし、媧偃の槍で蒙恬が汗明の前へ吹き飛ばされる…。
一騎討ちの邪魔をされた汗明は一撃で蒙恬を討った
蒙恬が倒れ、その直後に蒙武の一撃が汗明の頭を討ち砕いた

《第315話》

蒙恬は重傷を負い、瀕死の状態。
蒙武VS汗明の戦場は蒙武軍の勝利で終わる。

《第316話》

この勝利は大きく、秦軍にようやく光が射した矢先、合従軍本陣へ媧燐から『勝利は目前』との報告が届く。
本命である媧燐の精鋭部隊が函谷関の裏へと到着していたのだった。

キングダムの女性キャラ一覧をチェック!

キングダム 合従軍編(函谷関)は何話?―30巻

キングダム30巻

《第317話》

函谷関の背後をとられた秦軍は将軍の声が届かぬほど入り乱れ、媧燐兵によって函谷関の入り口の門がまさに開けられようとしていた
誰もが諦めかけたその時王翦軍が到着!

《第318話》

王翦軍が函谷関裏側を制圧し、門を守り抜いた。
これによって合従軍は函谷関の突破が困難となり、燕軍以外の各軍は開戦前までの位置に退いた

《第319話》

秦国の危機を救った王翦軍の活躍に咸陽も歓喜の声が飛び交う。
しかし突如として李牧が消え去った

嬴政と信の名場面≪特集≫

キングダム 合従軍編(函谷関)は何話?―まとめ

キングダム30巻

キングダムの合従軍編・運命の15日目についてお届けしました。

秦国滅亡の危機にさらされている秦軍は、どの軍も武将たちの大活躍が見られましたね!

汗明を討ち取った蒙武の大戦果は特に大きいようです!

しかし最後に、あれ?と思った方がいるかもしれません。

そうなんです!

函谷関防衛戦は秦軍の勝利に終わり、合従軍が全軍退却‼…と思いきや、この大戦にはまだ続きがあり、合従軍戦はさらに戦場が拡大していくのです‼

合従軍から消え去った李牧はどこへ――?

函谷関を死守した秦軍の次なる戦場は――?

秦国が再び窮地に追い込まれます!

合従軍 蕞防衛戦まとめ

合従軍のその後…各地で起こった出来事を紹介