キングダム 什虎城(じゅうこじょう)の秘密と結末まとめ

キングダム

三年間の秦魏同盟の見返りとなった楚の什虎城(じゅうこじょう)。

他の軍とは違う什虎の隠された秘密とはいったい⁈

什虎四将や什虎攻めの結末についても分かりやすくまとめています!

キングダム 什虎城(じゅうこじょう) 対価

キングダム60巻

そもそもなぜ什虎城が次の狙いとなったのでしょうか?

これは秦が魏に提案した秦魏同盟に関係しています。

秦は趙の鄴攻めに成功した後、趙の王都である邯鄲(かんたん)を攻略しようと企んでいました。

しかし趙軍による大防衛線を抜くことができず、飛信隊を含むすべての戦地で苦戦を強いられていました。

それを見かねた昌平君がこう提案したのです。

趙王都 邯鄲の攻略の鍵を握っているのは真下に位置する魏だ
魏の脅威を取り除くことができれば
そこに張っている兵力を今膠着している対趙前線に送ることができる

故に今すぐ秦(我々)は魏国と“同盟”を結ぶべきだ!

キングダム60巻

しかし、魏も簡単にこの同盟をのむはずがありませんよね‼

今は趙が狙われていますが、その後は自分の国が滅ぼされる危険があることは承知のはずです。

そのため、秦は面白い条件を提示したわけです。

それが『什虎城』でした。

什虎は秦・魏・楚・韓の四か国の国境付近に位置する不落の要地と言われており、中華でも指折りの最重要拠点なのです‼

しかも什虎城は秦ではなく楚の城

昌平君は、同盟の対価として『秦軍と魏軍で共闘して什虎城を陥落させ、その什虎城を魏に与える』という条件を示したのでした!

これには魏国も困惑‼‼

魏将・呉鳳明(ごほうめい)も「……奴ら…正気か」と動揺するほど。

返答がなかった魏でしたが、什虎攻め当日に魏軍が姿を現し、三年同盟が無事に結ばれたのでした。

秦軍はほっと一安心ですね‼

アニメキングダム呉鳳明役はこのイケメン声優!

キングダム 什虎城(じゅうこじょう) 什虎四将

什虎が不落の要地と言われるのは、『什虎四将』と呼ばれる怪物級の将軍が揃っているからです。

あの媧燐(かりん)も『戦馬鹿ども』と強さを認めています!

満羽(まんう)

キングダム60巻
  • 什虎城の城主
  • 什虎攻めでは楚軍総大将として迎え撃つ
  • 蒙武軍と激突

満羽について詳しくはこちら

寿胡王(じゅこおう)

キングダム60巻
  • 楚軍軍師
  • 満羽に信頼を置く老将
  • 楚軍本陣で敵を迎え撃つ

千斗雲(せんとうん)

キングダム60巻
  • 楚軍将軍
  • 戦への飢餓感を抱えている
  • 秦将・録嗚未(ろくおみ)や魏将・乱美迫(らんびはく)と対戦

千斗雲について詳しくはこちら

玄右(げんう)

キングダム60巻
  • 楚軍将軍
  • 冷静沈着
  • 呉鳳明の側近・馬介(ばかい)を討つ

キングダム 什虎城(じゅうこじょう) 秘密

キングダム61巻

秦将・騰(とう)は什虎軍との戦いの中で、彼らに違和感をもちました。

什虎(彼ら)には何か…
これまでの相手とは全く違う何かがある

キングダム61巻

そして寿胡王から『什虎の秘密』を聞き出しました。

寿胡王は

「逆に儂らは何も持っていない 全てを失った」

と答えました。

実は、什虎四将はかつて楚に滅ぼされた小国の生き残りだったのです。

12年前、満羽は汨(べき)の大将軍、千斗雲は暦(れき)の大将軍でどちらも大国の楚に囲まれた小さな国でした。

二人はそれぞれ楚の侵略に何度も抗い、勝ち続け、なんとか国を支えていましたが、王も民も限界で疲弊していました。

汨では、満羽が遠征中に王が城門を開き降服。

帰る場所も守るべきものも亡くした満羽軍は、投降せずに楚軍と戦いましたが、その中にはなんと汨の民も含まれており、知らないうちに自国の民をせん滅していたのです。

全てをなくした上に、背負っていた者たちにも裏切られてしまった満羽。

千斗雲も暦で同じような境遇に陥り、心が壊れました。

二人はここで楚に降服。

玄右や寿胡王も同じように国を失いさまよっていたところ、楚から什虎城が与えられたようです。

騰が抱えた什虎軍の違和感はここにあったんですね。

什虎軍は楚軍ですが、楚に対して忠誠はなく与えられた城を守っているだけ。

戦は強いけれど、背負うものは何もない四将だったわけです。

キングダム 什虎城(じゅうこじょう) 結末

キングダム61巻

かつて、楚を代表する大将軍たちを返り討ちにしてきた什虎四将ですが、秦魏同盟軍が見事勝利を収めることとなり、什虎城は陥落します‼

楚軍の敗因は主に2つ

  • 総大将・満羽の不調
  • 主攻を任せた騰軍の圧倒的突破力

と言われています。

満羽の不調

蒙武軍と激突した満羽には、大きな心境の変化があったようです。

それは、大事なものを背負って戦っている蒙武の姿が、虚無を悟る前の自分たちと似ているということ。

国を守るため、民を守るために楚軍に抗い戦い続けた、かつての自分と重なる部分があったのでしょう。

血を噴きながらも、地面に叩きつけられても、立ち向かい続ける蒙武との一騎討ちが続き、満羽には蒙武をすぐに仕留めようとする動きがありません。

そんな様子を見て側近たちも「満羽様の様子がおかしい」とつぶやくほど。

本陣にいた寿胡王も満羽の異変に気が付きました。

結果、満羽は寿胡王が見込んでいた戦果の半分も出せず、前線を大きく押し込まれてしまったのです。

寿胡王は満羽の異変がこの戦の最大の誤算と考えました。

圧倒的突破力

しかし実は、もう一つ誤算があったと言われています。

それは、呉鳳明の指示によって主攻を任せた騰軍の圧倒的な突破力です。

呉鳳明は予定していた挟撃が什虎軍には通じず、秦軍、魏軍ともに膠着してしまったことから、急遽戦術を変える決断をしました。

挟撃の中で主攻と助攻を作りだし、攻撃力のある蒙武軍と騰軍を秦魏同盟軍の主攻としたのです。

この戦術が見事成功し、圧倒的な突破力を見せた騰軍が楚軍本陣を急襲。

秦魏同盟軍の鮮やかな勝利を導いたのです‼

騰の強さ!ファルファル伝説のはじまり

キングダム 什虎城(じゅうこじょう) まとめ

キングダム61巻

什虎の秘密は、国を滅ぼされ、背負っていたものに裏切られた辛い将軍たちの過去からきていたのですね。

こうして什虎城は陥落してしまいますが、什虎四将は誰一人討たれずに終わります。(※寿胡王は捕虜になりました。)

城を失った満羽らは王都へ向かうしかありませんでした。

彼らの再戦はいつになるのか!

蒙武と満羽の決着が待ち遠しいですね!

ちなみに、この什虎攻めの後のストーリーではなんと羌礼(きょうれい)が飛信隊の前に姿を現します!

いったい何のために⁈ 詳しくはこちらでチェックしてくださいね!

おすすめ☞キングダムの戦い まとめ一覧