キングダム 羌瘣(きょうかい)の告白!

キングダム

キングダムの人気ヒロイン・羌瘣(きょうかい)が、ついに信への想いを告白!

本記事では、その告白のタイミング、内容、信の反応など気になる情報を分かりやすくお届けします。

きょうかいの告白 いきさつ

キングダム62巻

羌瘣が信へ告白したのはコミック62巻です。

対趙国最前線で戦いを繰り広げる飛信隊のところに、突然羌礼(きょうれい)が姿を現したときでした。

祭(サイ)で羌識を討ち現蚩尤となった羌礼が、深い闇の中で苦しんでいるのを知った羌瘣は、死闘の一騎討ちで羌礼を救い出します。

羌礼が闇をさまよう理由とは…

正気に戻った羌礼は、正式に飛信隊へ入隊することになりました。

あるとき、羌礼が羌瘣の禁術で切断された気道をつなぐ手助けをしているところ、信が入ってきました。

信は禁術を使ったことで羌瘣が弱っていることがずっと気になっていました。

寿命を削って仮死状態の信を助けた羌瘣

お前 何バカなことやってんだよ
自分の命削ってまで…何でっ…

それを見かねた羌礼があきれた顔で返します。

何で?何でって?
当然それは隊長のことが好きだからに決まっておろーが

キングダム62巻

焦った羌瘣は、すぐさまこれを否定します!

しかしその後、「……いや 違わない」と信のことが好きだと認めたのです!

つまり、羌瘣の告白は羌礼が口走ってしまったことで信に伝わったということですね。

羌瘣の可愛いシーン15選

きょうかいの告白 想い

キングダム62巻

えっ

信はただただ驚いて、何も言葉が思い浮かばない様子…。

一方、羌礼は予想通りとご満悦です。

信のことが好きだとバレてしまった羌瘣は、静かに禁術のことと合わせて自分の想いを話し始めます。

やっぱりあの時 命を捨ててまで信を助けようとしたことには変わりがない
私はまだ“好き”というのがどういうことか分からない
戦友として信のことが好きだと思っていたけど 象姉からそうじゃないと言われた
でもそれでもまだよくは分からない
ただ 今自分で分かっていることは

それ以上のことを望みたくないと思っていることだ

キングダム62巻

羌瘣は、戦場で常に死と隣り合わせでいる状況の中で「戦い」以外のことに気を取られてしまうことは危険だと説明しました。

戦いに集中できないと、お互い弱くなってしまい、致命的なことになりかねないと続けたのです。

そして「今の気持ちは聞かなかったことにしてほしい」と信へお願いしました。

キングダム62巻

信は突然の告白に、いまだ何も返す言葉が見つからない様子です。

その後信は、本陣へ向かうよう呼ばれたので天幕を出ますが、最後に羌瘣はこんな一言で締めくくります。

私は自分のことはよく分からないけど信のことはよく分かってるから 大丈夫……

信と羌瘣の胸キュンシーン7選

きょうかいの告白 その後

キングダム62巻

信が天幕を出た後、羌瘣は羌礼の上に思い切り倒れました。

下敷きになった羌礼は何事かとびっくり!

すると羌瘣は、満足した様子で微笑みながら羌礼に打ち明けました。

羌瘣は、信への想いをずっと話したいと思っていたようです!

正直、はっきりしない告白だと思ってしまいましたが…。

どうやら羌瘣にとってはあれくらいがちょうど良かったようで、機会を与えてくれた羌礼にお礼を言いました。

羌瘣にとって、『恋』とはまだ自覚がないようですね。

しかし、羌瘣の想いを聞いてしまった信はどうなんでしょうか⁈

戦いに集中できるのか、果たして信の想いが打ち明けられるのはいつになるのか気になります。

かわいすぎる!羌瘣のお風呂シーン 

きょうかいの告白 まとめ

キングダム62巻

キングダムのメインキャラクターの一人・羌瘣の告白シーンをお届けしました。

羌礼のおかげ(?)で羌瘣はついに信への想いを伝えることができました。

羌瘣は「やっと言えた」とご満悦な様子ですが、信へは「聞かなかったことにしてほしい」と何とも曖昧な締めくくりでしたね。

信はいったいどんな心情なのか…。

聞いてしまった以上、羌瘣のことが気になってしまうのでは?

自分の気持ちを告白してしまった羌瘣は、信と二人になると少し気まずそうです。

しかし信と交わした会話の意味が気になって何だかふわふわした様子…。

二人の恋の行方はどうなるのか!

今後のストーリーも楽しみですね!

衝撃‼羌瘣の子作り発言