夏油傑(げとうすぐる)総まとめ!

呪術廻戦

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)に登場する夏油傑(げとうすぐる)について、等級、術式、技、また闇落ちした理由など分かりやすくご紹介します。

呪術高専に通っていた夏油傑は、なぜ最悪の呪詛師になってしまったのでしょうか⁈

夏油傑(げとうすぐる) 呪詛師

夏油傑(げとうすぐる)は、非術師(一般人)の時代を終わらせ、呪術師の楽園を築こうと企む呪詛師(じゅそし)です。

かつては五条悟とともに呪術高専に通っており、呪術師として人々を助ける立場に!

非術師を守る呪術師に対し、呪詛師は真逆の存在

自分の欲を満たすために非術師を呪ったり殺したりします。

夏油傑は非術師を大量に呪殺した過去があり、最悪の呪詛師と言われています。

呪術高専を徹底解説!

夏油傑(げとうすぐる) 強さ

夏油傑(げとうすぐる)の等級は『特級』です。

通常、呪術師の等級は1級が最高位ですので、特級とは異常な強さということ。

ちなみに、五条悟や乙骨憂太(おっこつゆうた)も同じ特級です。

(乙骨憂太について詳しくはこちら)

夏油傑に対抗できるのは、特級レベルの呪術師でも難しいでしょう!

夏油傑(げとうすぐる) 術式

呪術廻戦9巻

呪霊操術

夏油傑(げとうすぐる)のもつ術式は呪霊操術というものです。

これは、呪霊を自身に取り込む事ができ、それらをしもべとして自在に操ることができる術式

しもべとなった呪霊は、自身の呪力を使って術式を発動させることができるので、様々な手法で戦えるのが呪霊操術の大きな強みでもありますね!

呪霊を取り込む際には、『降伏の儀』を行ないます。

しかし呪霊の階級が2級以上格下であれば、降伏の儀をしなくても、ほぼ無条件で取り込む事ができてしまいます!

しかも、取り込める呪霊の数には制限がありません

つまり、特級の夏油傑にとっては、階級が低い呪霊はもはや取り込み放題ということ。

この呪霊操術によって、夏油傑が操る呪霊はなんと4000体以上‼

呪術廻戦0巻では、4461体保有していると公表しています。

そして夏油傑はそれらの呪霊たちを全て把握しているようです!

恐るべし…。

気になる‼ 呪術高専生の制服一覧

代表的な呪霊

呪術廻戦9巻

夏油傑が使用した呪霊の代表的な2体をご紹介します。

虹竜(こうりゅう)

呪術廻戦9巻に登場。

高専時代の夏油傑が、伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)に出した呪霊です。

等級は未公開のため不明。

化身玉藻前(けしんたまものまえ)

呪術廻戦0巻に登場。

百鬼夜行で夏油傑が乙骨憂太に出した特級仮想怨霊です。

映画の『劇場版 呪術廻戦0』でも登場しました。

登場する呪霊たちを一覧でチェック!

夏油傑(げとうすぐる) 技

呪術廻戦0巻

呪霊操術のような生得術式は、生まれながらにして使えるものが決まっています。

そのため、呪術師がもつ術式は基本は1種類のみ。

しかし、呪術師はその術式の発想を拡張することにより技を繰り出すことができるのです!

極ノ番『うずまき』

術式の奥儀ともいうべきものを『極ノ番(ごくのばん)』と言います。

夏油傑は呪術廻戦0巻で、呪霊操術 極ノ番『うずまき』を見せました!

所持している呪霊全てを1つにして相手にぶつけるというとんでもない技です。

夏油傑(げとうすぐる) 過去

呪術廻戦9巻

親友

呪術高専に通っていた頃の夏油傑は、五条悟と同級生でした。

ケンカしながらも仲が良く、切磋琢磨していた二人。

五条悟にとっては唯一の親友でもあったそうです。

高専時代の夏油傑は、温厚な性格。

「呪術は非術師を守るためにある」

と自ら発言していたほど、真面目に呪術師として非術師を守護する任務にあたっていました。

星漿体の護衛任務

呪術廻戦9巻

そんな夏油傑ですが、あるとき星漿体(せいしょうたい)の護衛に五条悟とともに就くことになりました。

天元様の適合者である星漿体の護衛はかなりの重要任務。

そこでは守りきったと思われた星漿体の天内理子が、刺客として入り込んだ術師殺し・伏黒甚爾に撃たれ任務は失敗することに。

二人は奮闘するも、伏黒甚爾によって戦闘不能になるほどの大けがを負いました。

このとき、伏黒甚爾を刺客として潜らせた犯人は盤星教という宗教団体で、非術師の集まり。

一命をとりとめた二人でしたが、夏油傑は自分が命をかけて守ってきたものはこんなやつらだったのか…と非術師へ考え方に違和感をもつように。

この事件後、呪霊を祓い、好きでもないのにひたすら自身に取り込んでいくこの作業はいったい誰のためにやっているのかと考えるようになり、闇落ちしていきます。

夏油傑はそこから非術師を「猿」と呼ぶようになりました。

3年生の夏油傑は、任務先のある村の住民112名を呪殺したことで呪詛師として処刑対象となり、呪術高専を追放されました。

夏油傑(げとうすぐる) 死亡⁈

呪術廻戦0巻

百鬼夜行

夏油傑は非術師を皆殺し、呪術師だけの世界を創ろうとしていました。

その発想から、百鬼夜行を宣言!

呪いのるつぼ・新宿と呪術の聖地・京都に千の呪いを放つと言い放ったのです!

しかし、百鬼夜行は五条悟や乙骨憂太、その他呪術師の死闘のおかげで失敗に終わり、夏油傑は最後に五条悟の手によって息を引き取ります。

呪術廻戦0 キャラプロフィールまとめ

偽夏油

ここで終わりかと思われた夏油傑ですが……

なんと再び五条悟の前に姿を現すのです!

肉体を乗っ取られた偽夏油の正体とは…⁈

詳しくはこちらにまとめていますので気になる方はぜひご覧ください。

偽夏油出現‼ その正体はこちら

夏油傑(げとうすぐる) まとめ

呪術廻戦9巻

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の夏油傑(げとうすぐる)についてお届けしました。

五条悟と肩を並べる程の実力があり、呪霊操術の使い手として真面目に呪術師を全うしていたはずの夏油傑。

しかし、 星漿体の護衛任務を機に非術師の価値が揺いでいき、呪術師を裏切り、呪詛師へと変貌してしまうのです。

百鬼夜行で五条悟に敗れますが、後に肉体を乗っ取った偽夏油が出現‼

この先どのような展開を迎えるのか楽しみですね!