『キングダム』漫画&関連書籍紹介

グッズ

大ヒット漫画キングダムのコミック最新刊をチェックしよう!!

キングダムファンにはたまらない公式ガイドブックもおすすめです!

その他キングダムに関連する書籍もご紹介!!

コミック最新刊

Amazonで探す

趙王都・邯鄲包囲へ!
紀元前234年 武城・平陽攻略戦
“秦魏同盟”により、南方を盤石に固めた秦国は、趙国深部へと侵攻を開始。王翦、楊端和、桓騎が攻略を目指すは、王都・邯鄲手前に位置する二つの城・武城と平陽。飛信隊は、王翦軍と桓騎軍の中間に位置し、両軍からの指示を待つが…!?

Amazonで探す

“秦魏同盟”で挑む対楚戦!
紀元前235年什虎攻め
三年を期限とした“秦魏同盟”を結び、什虎城奪取を目指す秦魏同盟軍。
対するは、楚の要所・什虎に君臨する四人の将。
魏国大将軍・呉鳳明の指揮のもと、同盟軍は秦が誇る猛将・蒙武、騰を“主攻”として、前線突破を目指す。
そんな中、什虎軍に異変が…!?

Amazonで探す

あの“政敵”に怪しい動きが!?
一方、秦軍は新たな戦へ始動!
咸陽へもたらされた呂不韋(りょふい)の不穏な噂。
事の真意を問うべく、自ら河南へと向かう嬴政(えいせい)だが…!?
また、趙国を取るべく、鄴からさらに北上を続ける秦軍前線部隊。
強固な守備を見せる趙軍に対し、総司令・昌平君(しょうへいくん)が講じる驚愕の次なる一手とは…。

公式ガイドブック・問題集

コミックだけではなんだか物足りない――!! 

そんなキングダムファンへおすすめなのがこちら☟!!

キングダム公式ガイドブック

Amazonで探す

なんと!!『キングダム』初となる、公式ガイドブックです!
激動の戦国を読み解く一冊! 
●キャラクター&エピソードを徹底解説
●原泰久×安彦良和スペシャル対談&原泰久ロングインタビューを収録
●キャラクター原案スケッチ&秘蔵ネーム集を初公開

Amazonで探す

『キングダム』公式ガイドブック第2弾がこちら!
動き始めた歴史…秦国覇道の記録!!
●これまでに登場した全キャラクターの最新情報&エピソード解説
●原先生が語るキャラ&エピソード秘話
●スペシャル対談企画2本収録
・原泰久×ケンドーコバヤシ
・原泰久×水野良樹(いきものがかり)
●週刊少年ジャンプ出張版特別読切「キングダム」初収録

Amazonで探す

公式ガイドブック第3弾!
「戦国七雄」人物大事典!! 
総勢500人以上のキャラクターを収録した究極の『キングダム』人物事典! 
原泰久先生監修によるキャラクターの最新パラメーターも多数追加、更新!
●スペシャル対談企画を2本収録! 
・原泰久×澤野弘之(音楽家)
・原泰久×中村憲剛(元プロサッカー選手) 
●ヤングジャンプ掲載の人気企画も収録!! 
・第一回キングダム総選挙結果発表 
・特別講義「戦国七雄の作り方」

キングダムファンには溜まらない内容となっていますよ‼

キングダム公式問題集

あなたは何問解ける⁈

Amazonで探す

2019年秋に行われた「キングダム知識王決定戦」出題問題を初の完全再録。
百人将、千人将、五千人将、将軍と難易度別になんと300問も掲載しています。
『キングダム』を解き、さらに『キングダム』が学べる熱烈ファンのための≪呂氏春秋≫。
原先生が創作の舞台裏を語る一言コメントやコラムページも充実。
さらに原先生が超難問揃いの30問にも挑戦しているんです。
その解答も収録されています。

映画関連書籍

映画にハマった人にはこれ!!

Amazonで探す

2019年4月19日公開の映画「キングダム」のノベライズです。
日本映画史上最大規模の製作費、本場中国での1カ月にわたるロケを敢行。
主演の信役に山崎賢人、嬴政(えいせい)役に吉沢亮、河了貂(かりょうてん)に橋本環奈、楊端和(ようたんわ)に長澤まさみ、王騎(おうき)役は大沢たかお等、今をときめく俳優陣が演じる。

その他オススメ書籍

Amazonで探す

『キングダム』で学ぶ最強のコミュニケーション力

漫画『キングダム』(原泰久・著)にはコミュニケーションの極意が秘められており、それこそが作品を魅力的にしている。
登場人物たちの何気ない会話などを取り上げ、そのポイントをコミュニケーションのプロである著者がわかりやすく伝授する。
原作ファンにとっては、あの名場面の「感動の理由」に納得し、
ビジネスマンにとっては、人間関係においてとても重要な「究極の視点」が学べる一冊。

・主人公・信は、なぜ強いのか。
・騰から学ぶ最強のNo.2論
・コミュニケーションの達人・蒙恬の会話から学べる人間関係を円滑にする「フレーズ」
・河了貂が羌カイに放った、自己認識力を高める究極の質問。
・信、エイ政、楊端和、蒙恬、王騎、藺相如……彼らが持つコミュニケーションに欠かせない、「究極の視点」とは?

Amazonで探す

始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎 (集英社新書)

【秦は「ベンチャー的体質」ゆえに中華統一できた】初の中華統一を成し遂げた秦は、もともと「田舎の小国」に過ぎなかった。しかし、既得権者も少数だったため、リーダーが「抵抗勢力」を封じ込めることができた。「技術革新」にいち早く対応し、新たな社会体制を構築できたのだ。一方の六国は、フットワークが重く、テクノロジーがもたらす「新しい秩序」に背を向けたことで、秦に敗れた。【法家は歴代帝国に引き継がれた】秦が社会体制変革を行なう際に、理論的支柱となったのが「法家」の思想だった。これにより、国内の全リソースを「君主」一人が管理・収奪するシステムを作り上げる。秦の滅亡後も、法家は形を変え、歴代国家に引き継がれた。結果、人類史上、中国大陸でだけ、繰り返し統一帝国が興ることとなった。中国大陸の帝国が、広大な領土を中央から一律に支配し続けたのは、「始皇帝の遺産」を引き継いだからなのだ。そして、法家は現代中国でよみがえりつつあるように見える。【『キングダム』で通奏低音のように流れる法家】原泰久氏の漫画『キングダム』では、法家改革後の秦と、旧式の社会体制である六国の対比が見事に描かれている。本書では、『キングダム』という物語に流れる地下水脈を、25点もの名場面を引用しながら縦横に解説する。

Amazonで探す

人気絶好調漫画『キングダム』を『まんがで身につく孫子の兵法』の著者長尾一洋が「リーダシップ」をキーワードに繙く。
リーダーの条件を10に分けて、登場人物のことば、行動を取り上げてゆく。